新築住宅やって良かった点(キッチン編)

住宅のプランを考えるとき決めたルールの中にキッチンについては夫は口出し

しないというルールがありました。

一日の大半を妻が使用するキッチンは、自分でこだわって作りたいとの事。

大手メーカーのショールームを何件も廻りましたが、どの組み合わせをしても

納得いかない様子。。。

メーカーのキッチンワークトップの細かな凸凹も気に入らないもよう。

結局、食器棚も含めてフルオーダーで作りました。

妻の頭の中には理想のキッチン像はすでにあったらしく、自分でイメージを描き

オーダーキッチンメーカーとの打ち合わせは楽しそうでした。

結果、収納を最小限にした大判ステンレストップのシンプルなL型キッチンになりました。

背の小さな妻の使い勝手を考えて、高さや幅の寸法にはかなりこだわっていました。

必要な物を絞り込み、扉などをシンプルした結果、予定価格よりも30万円程度安くなりました。

仕上がったキッチンは理想どおりであったようで、毎日ピカピカに磨き10年以上経った現在も

新品のようだと、メーカーさんが驚いていました。

住宅を購入する場合、住んでみないと分からない良い面悪い面があると思いますが

こだわって作った良い面が1点でもあれば、結構、納得して住めるものです。