子供部屋の考え方について我が家のポイント

子供部屋の考え方はいろいろあると思います。我が家は以下のようなポリシーで考えています。女の子2人の我が家は当初はベッドも勉強机もそれぞれ別の部屋に設定していたのですが、長女の中学受験を機にレイアウトを変更しました。
それもこれも勉強をしっかりするためにはどうするかを最初に考えてのことです。
いろいろな意見を聞いてるとあまりにも勉強部屋にこもって勉強させるよりも親に質問をしながらリビングで勉強したほうが効率がいいということ。実際に、我が家も子供が一人で勉強部屋にこもるよりもきっと質問しながら、それも親がいい意味でも悪い意味でも監視しながらのほうがいいと判断したのです。
だからこそ、子供部屋からは勉強机を取り払って、ベッドだけにしました。そして勉強はもっぱらリビングということを大前提にしたのです。もちろん、父親である私はリビングでもテレビを見づらくなるというデメリットが発生いしましたが子供にとってはメリットが大きかったです。

PR|納得の間取りの一戸建てを建てるには|