浴室のリフォームの反省

築20年を超えた我が家は、浴室のリフォームを一度もして来ませんでした。
浴槽の深さがかなりあったため足の悪い祖母が入るのが危険で、心配だった為思い切ってリフォームしました。
取り付けタイプの浴室で、1週間程度で工事が終わると言われた工事でしたが、1週間経っても終わりませんでした。
浴室の中を削って壊した状態のままで、数日間放置されていて、その間に工事が進むこともなく採寸ばかりしていたので変だなと思っていたら、寸法ミスで浴室が入らないと言われたのです。
事前に何度も打合せを重ね、採寸もしていたので安心して任せられると思っていたので、怒りよりも呆れてしまいました。
家を建てた時と同じ業者にお願いしたのですが、別の業者と比較してから決めるべきだったと反省しています。
結局の所我が家の浴室は、追加料金を払って急いで別の浴室と浴槽で仕上げて貰ったのですが、窓が半分しか開かない状態になってしまいました。
リフォームは家を建てた業者でなきゃ駄目という考え方は、やめておいた方が良いかもしれませんね。